こんにちは!

いよいよ来週の日曜日はワンフェスです!

皆さん、ガイドブックを片手に、どこで何を買うか、どうやって回ろうか?などと計画を立てているのではないでしょうか?

おとなの美術室にも先日、ガイドブックが届きました。

入場用のものではなく、ディーラー用のものですが。
広告を申し込むと見本誌が一冊送られてくるんです。

▼ちなみにコレがおとなの美術室の広告です。

その他にも、今回のガイドブックには・・・

12~13ページのデジタル原型ムーブメントにおける「Intuos 3D」についてという記事の中で、当、おとなの美術室のZBrush担当の深川克人先生によるレビューが掲載されています。良ければ、ご一読を・・・。

▼ちゃんと「おとなの美術室」のPRもしてもらってます。

この記事を書いた人

藤田 茂敏
藤田 茂敏
ふじた しげとし
フィギュア担当
フィギュアはもちろん、ノベルティグッズ、ペットボトルの原型なども手掛けるフリーランスの原型師。複数の学校にてフィギュア関連学科の立ち上げ、カリキュラム編成に携わり、多くの原型師・フィニッシャーを育成。現在は大阪芸術大学短期大学部でデザイン美術学科非常勤講師としてキャラクター・マンガ・フィギュアコースを担当。著書に「フィギュアの作りかた①②」「フィギュアを塗ってみよう」(グラフィック社刊)「フィギュアの教科書②レジンキャストキット&塗装入門編](新紀元社)がある。「ワンダーフェスティバル」などのイベントには、YAN,3D-PROJECTのディーラー名で精力的に出展している。