フィギュア担当、藤田です。

もうすぐ、10月ですね。フィギュア基礎講座も、本日がラストです。

さて、先日、日曜日の授業の際に、添削塾希望者が見学に来てくれました。
「自分で作った事がある人で、作品持参でアドバイスが欲しいとのことです」と受け付けた事務局の担当者から聞き、「どんなひとだろうと思っていたら、以前、別の学校で教えていたNさんでした

その学校では、ひと通りの授業を終え、「これからは自分で制作してワンフェスなどへの出展も目指します」とのことで終了されたのでした。

「久し振り、元気だった?」と挨拶をした後、今作っているものを見せてもらいました。
フィギュア制作も4体目となり、徐々にクオリティはアップしています。それで、気になる部分と、こうしたらもっと良くなるという部分をアドバイスしました。

「なかなか、自分一人でやっていると進まないんですよ。それで、また通おうかなと思いまして・・・」
10月からの添削塾に通ってくださる事になりました。こうやって、場所は違うけど、また、来てくれるなんて嬉しいものですね。

自分一人でどうしていいかわからなくなった方ちょっと聞きたい方仲間がほしい方、ぜひ、添削塾にご参加下さい。

フィギュア添削塾は、
金曜19:00~21:00 (10月4日~開講)
土曜15:00~17:00 (10月5日~開講)

見学もOKですよ。

この記事を書いた人

藤田 茂敏
藤田 茂敏
ふじた しげとし
フィギュア担当
フィギュアはもちろん、ノベルティグッズ、ペットボトルの原型なども手掛けるフリーランスの原型師。複数の学校にてフィギュア関連学科の立ち上げ、カリキュラム編成に携わり、多くの原型師・フィニッシャーを育成。現在は大阪芸術大学短期大学部でデザイン美術学科非常勤講師としてキャラクター・マンガ・フィギュアコースを担当。著書に「フィギュアの作りかた①②」「フィギュアを塗ってみよう」(グラフィック社刊)「フィギュアの教科書②レジンキャストキット&塗装入門編](新紀元社)がある。「ワンダーフェスティバル」などのイベントには、YAN,3D-PROJECTのディーラー名で精力的に出展している。