前担当者の門前さんが心の旅に発たれたというのに、危うく今度は私が病院に
旅立たねばならなくなる一歩手前。
ご心配をおかけいたしました部員の皆様、ホント申し訳ありません。

これが某常務なら『君の本気というのを見せてもらいたい!』と耳をピクピクさせながら
意味も無く訳もわからない土下座を要求されるレベル。と勝手に置き換えたりして。

部員の皆様には『ようやくエアコンが無くても夜に眠ることが出来るよう
になりまし
た。逆に寒暖の差で体調など崩されていらっしゃらないでしょうか。』などと
涼しい顔をしてメールをお送りしたのですがこの時39度の熱3日目のことでした。

まさにセンチメンタルバス!39度のとろけそうな日、ただしこっちは頭の中まで
39度!いろんなものが走り出す始末。
何が走り出したかって? そんなの人に言えるわけ無いじゃないですか。

閑話休題:筋肉でも見て近藤さんのように繰り返し唱えてついでに名称も覚えちゃいましょう。

さて前置きはコレくらいにして今回紹介するのは10月からスタートする
『ZBrush基礎講座』になります。
3Dをされている方やフィギュアに関心のある方なら一度は耳にされたこと
あるはず。
これが数値でというよりフィーリングでというよう3Dソフトとしてななかなか
結構変態なソフトでして。(実は2.5Dソフトだったりする)

でもこれで有機的なものを造形すると、『は~、困る~。お手軽なんだ~。』
と八軒がため息をつくのが分かります。

そして今回用意したのがこのサンプル。
ディテールやデフォルメはある程度変えてかまいませんが、
基本的にはみんな大好きシンプルな女の子セーラーバージョンを制作しながら
フィギュア制作に必要なオペレーションをマスターしていきましょうというもの。

講師は『深川克仁』先生。
公式HPに載っていますあのフィギュアを作った方です。
『結構むっちりがお好きなようでして。』(しかもかなりのミリオタでもある)
お酒は飲めないけどノリはいいですよ。

面白そうだけどちょっと大変や、他でやっているところ無いんだよねというような
講座が『おとなの美術室は』大好きです。

この記事を書いた人

スタッフM
おとなの美術室スタッフ